『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介

プレゼンテーション・パターン プロジェクトの紹介

プレゼンテーション・パターンは、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の井庭崇研究室 プレゼンテーション・パターン プロジェクトによって作成されました。

このプロジェクトは、井庭崇(慶應義塾大学 総合政策学部准教授)をリーダーとして、総合政策学部・環境情報学部に所属する学部1~4年生(2011年度当時)、坂本麻美、松村佳奈、荒尾林子、柳尾庸介、濱田正大、村松大輝、松本彩、下向依梨、中野えみり、仁科里志、野村愛、安浦沙絢、原澤香織、山口祐加によって制作されました。




ぜひ、プレゼンテーション・パターンについてのご意見やご感想をいただければと思います。ご意見・ご感想は、以下の学習パターン・プロジェクト宛に、メールにてお願いいたします。



学習パターンを取り上げて頂いたメディア

「創造的プレゼンの秘訣を言語化した『プレゼンテーション・パターン』」(ニュースサイト『GIGAZINE』, 2011年11月24日)

●「学びのコツ集めた冊子 好評」(読売新聞, 2011年12月15日朝刊(全国版)教育面)