『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介

プレゼンテーション・パターンの全体像

プレゼンテーション・パターンには、プレゼンテーション・デザインの視点や方法が34個収録されています。

中心には「創造的プレゼンテーション」(No.0)があり、それに続いて、創造的プレゼンテーションの本質である「メインメッセージ」(No.1)、「心に響くプレゼント」(No.2)、「成功のイメージ」(No.3)が続きます。

その後のパターンは、大きく分けて3つのまとまりに分かれています。第一のまとまりは No.4からNo.12までの「内容・表現」に関するパターン、第二のまとまりは No.13からNo.21までの「魅せ方」に関するパターン、第三のまとまりは No.22からNo.30までの「振る舞い」に関するパターンです。

そして最後に、「独自性の追求」(No.31)、「魅せ方の美学」(No.32)、「生き方の創造」(No.33)という3パターンで締めくくられます。これらのパターンが相互に関係し合うことで、創造的プレゼンテーションのデザインを支えます。