『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.32
魅せ方の美学
Sense of Beauty
自分なりの魅せ方を日々探求し、磨いていく。

「同じことをくりかえすくらいなら、死んでしまえ。」ー岡本太郎



「創造的プレゼンテーション」(No.0)を極めたい。
▼その状況において
同じ表現を繰り返してしまい、どれも似たようなプレゼンテーションになってしまう。
  • 自分が慣れ親しんできたものは、よいものに思えてしまう。
  • これまでやってきたことをやめるということは、不安な気持ちを生む。
  • ▼そこで
    魅せ方についての感覚を日々探求し、自分なりの「魅せ方の美学」を持つ。
    魅せ方について、他の人のものも見ながら、自分なりの美学をつくっていく。そして、それを踏まえた実践をくり返し、洗練させていく。
    ▼その結果