『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.30
終わりが始まり
Reflection toward Next
振り返りまでがプレゼンテーション。

「個人であれ、企業であれ、成功したと思えば、そこで進歩はとまる。」ーThomas J.Watson
「向上することをやめれば、よい状態も保てない。」ーOliver Cromwell
「世界は丸い。終わりだと思った場所が、実は始まりの場所かもしれないのです。」ーIvy Baker Priest



高度な「成功のイメージ」(No.3)のプレゼンテーションを行いたい。
▼その状況において
本番が終わったことで解放感に浸り、やりっ放しになってしまう。
  • プレゼンテーションを終えると、ひとまず安心する。
  • プレゼンテーションを終えると、終えたことに喜びを感じる。
  • 時間が経てば経つほど、記憶は薄れていく。
  • ▼そこで
    本番中の自らの振る舞いや聞き手の反応から、今回のプレゼンテーション全体を振り返る。
    プレゼンテーションの本番が終ったら、なるべく早い時期に、自分の振る舞いや聞き手の反応から感じたことを記録しておく。そこから、今後の改善点を考える。この振り返りでは、悪い点だけでなく、よい点もしっかり評価し、それを今後も伸ばしていくことが大切である。
    ▼その結果