『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.3
成功のイメージ
Success Imaging
プレゼンテーションによって聞き手がどうなることが
理想なのか。そのイメージを持つ。

「成功へのはしごを登り始める前に、そのはしごが自分の望むチャンスの窓にかかっていることを確認せよ。」—Tracy Brinkmann
「できると思ったら、できる。できないと思えば、その通りになる。」—Mary Kay Ash



「メインメッセージ」(No.1)をどのように「心に響くプレゼント」(No.2)にするかという構想がまとまり、そのプレゼンテーションによって何を成し遂げたいのかを考えている。
▼その状況において
目的が定まらなければ、どのようなつくり込みを行えばよいのかが決まらない。
  • 同じ内容でも、いろいろな魅せ方が可能である。
  • どこを目指してよいのかが不明確であると、ブレやすくなってしまう。
  • ▼そこで
    これからつくるプレゼンテーションが成功している場面をイメージする。
    プレゼンテーションをしている自分と、それを見ている聞き手の反応の両方を思い浮かべ、それを目指して準備を進める。「成功のイメージ」は全過程を通じて重要なので、「成功のリマインド」(No.23)を行うことで、そのイメージを抱き続けるとよい。
    ▼その結果