『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.29
即興のデザイン
Improvise Presentation
「即興」と「行き当たりばったり」は、まったく違う。

「自分が全く予想しない球が来たときに、どう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。」ーイチロー



高度な「成功のイメージ」(No.3)のプレゼンテーションを行いたい。
▼その状況において
相手の反応に合わせた進行にしようとすると、うまくまとまらないことがある。
  • 聞き手の反応や場の雰囲気は、本番を迎えるまでわからない。
  • 想定していた流れで物事が進まないと、人は焦ってしまう。
  • 行き当たりばったりのプレゼンテーションが面白く魅力的なものになることはない。
  • ▼そこで
    日頃から即興のためのレパートリーを充実させておき、本番でそれらを即興的に選びながらプレゼンテーションを行う。
    ふだんから即興で用いることができる素材や展開のレパートリーを充実させておき、本番では、聞き手の反応や状況に合わせて、即興的にそれらを選び出し、組み合わせて用いる。
    ▼その結果