『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.26
最善努力
Best Effort
余計な言い訳はいらない。今できるベストを尽くす。

「過去の姿でも、願望でもなく、あるがままの現実に向き合うことだ。」ーJack Welch
「困難こそ、最善を尽くすチャンスである。」ーDuke Ellington
「成功とは、持っている能力を最大限利用することである。」ーZig Ziglar



いよいよプレゼンテーションの本番になり、「成功のイメージ」(No.3)が現実になろうとしている。
▼その状況において
自分が自信を持っていない部分について言い訳をしてしまうことで、自らプレゼンテーションの価値を下げてしまう。
  • 大勢の人の前に立つと、緊張してしまう。
  • 人は不安があると、そこから逃れたくなる。
  • 人の言い訳を聞くことは気持ちのいいものではない。
  • ▼そこで
    言い訳はせず、今できるベストを尽くす。
    まず、プレゼンテーションで一番伝えたい「メインメッセージ」(No.1)を思い出す。次に、それを「心に響くプレゼント」(No.2)にするためにはどう伝えるべきかを考える。そして、それ以外のもの・ことは、このプレゼンテーションにおいては些細なことに過ぎないと考える。こうして、今自分ができるベストを尽くす。
    ▼その結果