『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.23
成功のリマインド
Success Reminding
成功のイメージを抱き続けるために、絶えず思い起こす。

「絶対に成功すると思い続けた者だけが成功するし、思い続けられれば、それだけで成功者だ。」ー栗城史多



「成功のイメージ」(No.3)を念頭に、準備の詰めを行っている。
▼その状況において
いつの間にか成功のイメージを忘れてしまい、ブレてしまう。
  • 時間が経てば経つほど、記憶は薄れていく。
  • 目標があいまいになると、それに合わせて結果もあやふやになってしまう。
  • ▼そこで
    成功のイメージを何度も言語化・可視化して、記憶をリフレッシュする。
    成功のイメージについて、紙に書いて貼っておいたり、仲間に話したりする。自分の頭の中で考えるだけではなく、何度も言語化・可視化してみることが大切である。
    ▼その結果