『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.22
場の仕上げ
Stage Building
会場の準備もプレゼンテーションの一部。



「成功のイメージ」(No.3)を念頭に、準備の詰めを行っている。
▼その状況において
設備や機材のトラブルで、プレゼンテーションが台無しになってしまうことがある。
  • 設備や機材の種類は、会場によって様々である。
  • 設備や機材には、しばしば不具合や故障箇所があるものである。
  • トラブルは人を困惑させる。
  • ▼そこで
    設備や機材もプレゼンテーションの要素のひとつであると意識し、入念なチェックと調整を行う。
    会場の広さや照明の明るさ、立ち位置、聞き手との距離、マイクの調子などを確認し、必要であれば設定や配置を変更する。また、ときには、設備や機材に合わせて、自分が用意してきたものを調整する必要があることもある。そして、できる限り、その場で実際にリハーサルを行う方がよい。
    ▼その結果