『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.19
スキマをつくる
Significant Void
意味のある省略をする。

「少ない方が豊かである。」ーLudwig Mies van der Rohe
「『空』は完全な『無』と概念的に混同されやすいが、実際には無限の可能性を蔵している。」ー鈴木大拙



「心に響くプレゼント」(No.2)によって、聞き手の能動的な反応や行動を引き出したいと思っている。
▼その状況において
情報を詰め込みすぎると、聞き手は理解することに必死になってしまう。
  • 1から10まで説明されると、人は自由に考えられなくなってしまう。
  • 情報量は人の理解度に影響する。
  • ▼そこで
    すべてを詳細に言うのではなく、聞き手が想像しうる余地をつくる。
    聞き手の想像力でプレゼンテーションの内容を補えるように、意味が限定されすぎない抽象化を行う。絶妙なスキマのつくり方は、歌詞や詩、小説などの表現から学ぶことができる。
    ▼その結果