『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.14
リアリティの演出
Reality Sharing
つかみきれない「感覚」を届ける。



聞き手にとって生き生きとした印象的な経験になるように、「心に響くプレゼント」(No.2)のつくり込みを行っている。
▼その状況において
ことばや図でいくら説明しても、経験や感覚をうまく伝えることができない。
  • ことばや図で表現できることには限界がある。
  • 経験や感覚を他の人に的確に伝えるのは難しい。
  • ことばや図では限られた感覚にしかうったえかけられない。
  • ▼そこで
    共有したい経験や感覚のリアリティを、聞き手が自分自身で感じることができる演出をする。
    会場に実物を持ってきたり、映像や写真を効果的に使ったりすることで、聞き手にリアリティを感じてもらえるように工夫する。
    ▼その結果