『Presentation Patterns』
PDF版ダウンロード
 Top 
プレゼンテーション・パターンとは
プレゼンテーション・パターンの読み方
パターン・ランゲージ
プロジェクト紹介
プレゼンテーション・パターン
No. 0 創造的プレゼンテーション

No. 1 メインメッセージ
No. 2 心に響くプレゼント
No. 3 成功のイメージ

No. 4 ストーリーライン
No. 5 ことば探し
No. 6 図のチカラ

No. 7 メリハリ
No. 8 驚きの展開
No. 9 はてなの扉

No.10 ぶんび両道
No.11 適切な情報量
No.12 魅力のちょい足し

No.13 イメージの架け橋
No.14 リアリティの演出
No.15 参加の場づくり

No.16 細部へのこだわり
No.17 表現のいいとこどり
No.18 不快感の撲滅

No.19 スキマをつくる
No.20 きっかけスイッチ
No.21 テイクホームギフト

No.22 場の仕上げ
No.23 成功のリマインド
No.24 自信感の構築

No.25 キャスト魂
No.26 最善努力
No.27 ひとりひとりに

No.28 “世界”への導き
No.29 即興のデザイン
No.30 終わりが始まり

No.31 独自性の追求
No.32 魅せ方の美学
No.33 生き方の創造

No.0
創造的プレゼンテーション
Creative Presentation
プレゼンテーションとは、
単なる“伝達”ではなく、“創造”の営みである。

「デザインは単なる見え方や感じ方ではない。デザインはどのように機能するかである。」ーSteve Jobs



自分が持っている知識やアイデアによって、未来に変化をもたらしたいと考えている。
▼その状況において
知識やアイデアを、他の人に単に「伝達」しようとするだけでは、その人たちの心に響かせたり、行動を促したりすることは難しい。
  • 与えられた知識は、すでに自分がもっている他の知識と結びつくことで、初めて「理解する」ことができる。
  • 「 理解する」ことは、「信じる」ことではない。
  • 「 信じる」ことなしに、自発的に行動に移すことは、まずない。
  • ▼そこで
    プレゼンテーションを、「伝達」の場ではなく「創造」の場であると捉え直し、聞き手の想像をかき立て新しい認識・気づきを生み出す「創造的なプレゼンテーション」となるようにデザインする。
    創造的なプレゼンテーションのデザインでは、聞き手を突き動かす「メインメッセージ」(No.1)を徹底して考え、それを「心に響くプレゼント」(No.2)となるように細部までつくり込んでいく。そのとき、聞き手に創造(発見の連鎖)が起きているという「成功のイメージ」(No.3)を常に持ち、そのイメージに近づくように意識することが大切である。
    ▼その結果